2020年01月11日

年賀状


田舎の町をこの角度から見る時代が来るとは・・・

まぁ単純に山林伐採用の道路が引かれてただけなんですけどね。
でもなかなか新鮮ですね。この景色。

小学校に上る前にこの地区にやってきて、
子供の頃はもっと都会な感じがしてたんですけどね。
というより都会と信じてたんですけどね。

大人になるってことは
ここが田舎だって認識することなんですね。

自分で何言ってるかわからないですけど。

そういうわけで
最近田舎の街をひとり散歩することにハマってます。
piamasaです。こんばんは。

最近は年賀状をやめる動きもチラホラあるみたいですが、
やっぱりもらうと嬉しいものですよね。

別にLINEやメールとか形はなんでもいいとは思います。
でも手にとって肌触りを感じられる年賀状というのは、
辞めるにはなかなか惜しい伝統文化だと思うわけですよ。

簡単な一言とともに届く年賀状。
多くは語らなくても通じ合うものがそこにはありますよね。

こういう私にでも少ないながらも毎年くれる友人がいるんです。
知ってる人は知ってる、知らない人は知らない(当たり前)
噂のおじさん会のメンバーMr.Takanoなんですけどね。

今年もまた彼から年賀状が届きました。




穏やかじゃない一言と共に。

新しい年の幕開け、
来年はもっと穏やかなコメントお願いします。

  


Posted by pia masa at 22:16Comments(0)仲間暮らし・生活